もしもうっかりと命日を過ぎてから、今年が亡くなったペットの何回忌かに当たっていることに気づいたら、あなたはどうしますか? 実はこれは人間の法事に関してもよく聞かれる質問で、やっぱりここでも自称こういう事に詳しいお知り合いの方などが、命日を過ぎてから法事をするもんじゃない、命日より前に法事はするもんだよ、などと教えてくれたりして、話がややこしくなるようです。 命日の当日に法事が出来なければ、なるべくそれよりも前の日に行うべきだというしきたりは、人間はいい加減なものなので、いつでもいいとなると、どんどんおろそかになって行くから、当日にできなかったり、土曜や日曜に執り行いたい場合は、命日より前にしなさいと、昔の人が教えてくれていた訳です。命日を過ぎてから法事をしたら良くないとか、祟りがあるという意味ではありません。 だから命日を過ぎていたとしても、法要をしないでおくよりは、遅れてでもした方が供養になるのは確かですから、是非行ってあげてください。